• トップ
  • ビジネス
  • 経済
  • 「ネットバンキング」とは?口座を開設する前にメリット・デメリットを知っておこう

「ネットバンキング」とは?口座を開設する前にメリット・デメリットを知っておこう

著者名SJ
「ネットバンキング」とは?口座を開設する前にメリット・デメリットを知っておこう

誰かにお金を送る場合や何かの支払いを行う場合、銀行の営業時間に窓口に行って振込手続きをするのは面倒ですよね。最近はATMでたいていの手続きができるようになりましたが、ATMまで足を運ぶのもそれなりの手間です。そんな時は、ネットバンキングを利用すれば、自宅や職場にいながらオンラインで必要な手続きを完結できます。

この記事では、ネットバンキングで具体的にどんなことができるのかを紹介し、ネットバンキングのメリットとデメリットをそれぞれ詳しく解説します。さらに、ネットバンキングの利用方法もわかりやすく説明しますので、これから利用しようと思っている方は、ぜひこの記事をお役立てください。

ネットバンキングとは

まずは、ネットバンキングとは何のことなのかをきちんと理解しておきましょう。

ネットバンキングとは、インターネットバンキングのことで、インターネットを介して利用できる銀行などの金融取引サービスを指します。オンラインバンキングと呼ばれることもあり、自宅のパソコンや自分のスマートフォンから利用することが可能です。

銀行の窓口やATMに行かずに、自分にとって都合の良い時間に自分のいる場所から利用できるという利便性を背景に、ネットバンキングの利用は急速に広がっています。

なお、ネットバンキングと似た言葉で「ネット銀行」というものがありますが、これはインターネット専業の銀行を意味する言葉です。つまり、都市銀行のように店舗を持たず、全てのサービスをオンラインで行う銀行のことです。ネット銀行の例として、Paypay銀行(旧ジャパンネット銀行)や楽天銀行、auじぶん銀行、住信SBIネット銀行、ソニー銀行などが挙げられます。

ネットバンキングには、このようなネット銀行の各種オンラインサービスも含まれますが、それ以外に、メガバンクを含む都市銀行やゆうちょ銀行、信用金庫などが提供しているオンラインサービスも含まれます。

(参考:Orico│インターネットバンキングとは?クレジットカードの引き落としにも使える?

ネットバンキングでできること

ネットバンキングで具体的に何ができるかは、銀行によって多少の違いがあります。しかし、次に挙げるような一般的なサービスはどの銀行でも利用できると思って問題ないでしょう。

 

・残高照会

・入出金明細の確認

・振り込みや振り替え

・税金などの支払い

・住所変更

・紛失したキャッシュカードや通帳の利用停止

 

この他に、海外送金やデビットカードの申し込み、定期預金や投資信託の申し込み、外貨預金の申し込み、各種ローンの手続きなどができる場合もあります。

(参考:三井住友銀行 Money VIVA│#0 インターネットバンキングとは? 何ができる?

原口智架誌 - お財布のナ・カ・ミ - DMM オンラインサロン
原口智架誌 - お財布のナ・カ・ミ - DMM オンラインサロンこちらのサロンでは、お金の専門家 原口 智架誌が行うリアルな資産運用の中身、現状を見ることが出来ます。
lounge.dmm.com

ネットバンキングのメリット

便利さを理由に急速に広がっているネットバンキングですが、具体的にどういったメリットがあるのでしょうか。ここでは、ネットバンキングの主な利点を5つご紹介します。

手数料が安い

ネットバンキングでは、各種手続きに必要な手数料が安く設定されています。

例えば三菱UFJ銀行の場合、振込を窓口で行う場合と、ATMで三菱UFJ銀行のキャッシュカードを利用して行う場合、そしてネットバンキングで行う場合で、手数料は次のように設定されています。

上記の通り、ネットバンキングがお得なのは一目瞭然です。 

さらに、ネットバンキングの場合は、一定の優遇条件を満たすことで、他行あての振込が所定回数まで無料になる場合もあります。一般的な優遇条件としては、預金残高が指定額以上であることや、給与の受け取り口座に指定されていることなどがあります。

手数料の金額や優遇条件は銀行によって異なりますので、ネットバンキングを活用して手数料を節約したい場合は、色々な銀行を比較してみるとよいでしょう。

(参考:三菱UFJ銀行│振込手数料

預金の金利が高い

ネットバンキングに特化しているネット銀行では、都市銀行などと比べて預金の金利が高く設定されています。メガバンクでは普通預金の金利が年0.001%、定期預金で0.002%であるのに対して、例えばネット銀行大手の楽天銀行では、普通預金で0.02%から0.1%、定期預金では年0.02%に設定されており、その差は実に10倍から100倍となっています。

さらに、都市銀行や地方銀行でも、ネットバンキング限定で定期預金や外貨預金に優遇金利が設定されている場合があります。

頻繫に取引をする予定がなくただお金を預けておくだけの場合でも、ネット銀行に預けた方が得をすると言えるでしょう。

ATMに行く必要がない

税金の支払いや振込などを行う場合、ネットバンキングを利用すれば銀行窓口やATMに出向く必要がありません。

また、最近は銀行口座から直接支払いを行うことができるスマホ決済サービスも普及しています。楽天銀行の「楽天Pay」、ゆうちょ銀行の「ゆうちょPay」などがその例です。日々の生活の中での支払いをスマホ決済にすれば、ATMで現金を引き出す必要もほとんどなくなるかもしれません。

(参考:ゆうちょ銀行│ゆうちょPay

24時間利用できる

ネットバンキングは全てオンラインでの手続で完結するため、銀行の窓口営業時間に関係なく、24時間いつでも自分の都合に合わせて利用できます。

利用している銀行のネットバンキング用アプリをスマートフォンにインストールしておけば、通勤電車の中や仕事の休憩時間など、手の空いた時に手続きを行うことができます。

記帳の手間が省ける

ネットバンキングでは所定の期間内の入出金履歴を全て確認することができます。このため、定期的に通帳を持って銀行に行き、記帳するという手間を省くことも可能です。

また、紙の通帳に記帳する場合は、当然ながら最後に記帳した後の情報は確認できませんが、ネットバンキングでは常にその日までの最新の取引履歴を確認できます。

(参考:近畿ろうきん│インターネットバンキング限定 上乗せ金利つき定期預金

ネットバンキングのデメリット

このようにメリットがたくさんあるネットバンキングですが、気を付けなければいけないこともいくつかあります。ここでは、ネットバンキングのデメリットとして注意しておきたいことを4つご紹介します。

引き落とし口座に指定できないことがある

ネットバンキングの中でも特にメリットの多いネット銀行は、公共料金などの引き落とし口座に指定できない場合があります。引き落としでの支払いを予定している場合、対応している銀行をあらかじめ確認しておくのがよいでしょう。

(参考:三菱UFJ銀行│インターネットバンキングのはじめ方

パスワードの管理が必要

ネットバンキングでは、IDとパスワードを使ってサービスにログインする必要があるため、パスワード管理が必須です。もしもパスワードを忘れてしまった場合は、再設定などの手続きが必要になり、その間、一時的にネットバンキングが使えなくなってしまいます。

IDやパスワードは自分以外に知られてはいけないため、他人が見られないように管理する、あるいは自分にしかわからない方法でメモをするなど、パスワードの管理には特に気を遣う必要があります。

なお、他の銀行やオンラインサービスとの間でパスワードを使いまわすのは大変危険です。使用するサービス毎に別々のパスワードを設定し、必要な時に確認できるようにきちんと記録して管理しておきましょう。

(参考:総務省│インターネットバンキングの仕組み

サイバー犯罪のリスクがある

インターネットを介した取引には、サイバー犯罪の被害に遭う危険があります。特にネットバンキングはお金に直接関わるサービスであるため、利用にあたってはサイバー犯罪への備えが必須です。

一例として、ネットバンキングを利用する端末は決めておくのがよいでしょう。万一ログアウトし忘れた場合などに不正ログインされる可能性があるため、インターネットカフェ等、不特定多数の人が使う場所のパソコンではネットバンキングを利用しないのが無難です。また、自宅のパソコンを家族と共用している場合も、端末へのログインの時点でユーザーを分けて登録しておけば、家族が間違ってアクセスしてしまう危険を防ぐことができます。

他にも、パスワードはできるだけ長く複雑なものにする、銀行を装った詐欺メールに注意するなど、日ごろからサイバー犯罪への警戒心を高めておきましょう。

メンテナンス中は利用できない

ネットバンキングを含めて、オンラインのサービスでは一般的に定期的なメンテナンスが行われます。その他、障害が発生した場合などは、復旧のため突発的にメンテナンスが行われることもあります。

このようなメンテナンス作業中は、ネットバンキングを利用することができません。終了するまで待つしかないため、急いで振込をしなければならない時などは注意が必要です。できるだけ時間に余裕を持って手続きを行うようにするとよいでしょう。

ネットバンキングのやり方

最後に、これからネットバンキングを始めたい人のために、ネットバンキングの利用方法を大まかに説明します。

既に口座を持っている都市銀行などで新たにネットバンキングを利用する場合は、次のような流れになります。

 

1.ログインパスワードの登録

銀行のウェブサイトの登録ページから、自分の口座情報や氏名、eメールアドレスなどを入力し、ネットバンキングのログインパスワードを登録します。

2.ワンタイムパスワードの利用登録

ネットバンキングで振込などを実行するためには、取引の度に発行されるワンタイムパスワードが必要です。ワンタイムパスワードを発行するスマートフォンアプリをインストールして、利用登録を行います。

3.ネットバンキングの利用開始

登録したログインパスワードを使ってネットバンキングサービスにログインし、画面の指示に従いながら自分が行いたい手続きを進めましょう。

 

ネット銀行で新たに口座を開設してネットバンキングを利用する場合の流れは、次のようになります。

 

1.メールアドレスや本人情報の登録

まずは銀行のウェブサイトから口座開設の申し込みを行い、申し込み時に登録したアドレスへ届くメールに記載されてあるURLから情報入力を進めます。

2.本人確認手続き

運転免許証などの本人確認書類、そして自分の顔をスマートフォンで撮影し、申し込みページから登録します。本人確認には1週間ほどかかるため、余裕を持って申し込みをしましょう。

3.アプリのダウンロード

申し込み内容の確認が取れた段階で、利用開始の案内メールが届きます。必要なアプリなどをダウンロードすれば、利用を開始できます。

4.キャッシュカードの受け取り

後日、キャッシュカードが郵送されてきます。ATMで現金を引き出す際などに必要です。

 

ネットバンキングを始めるための手続きはこれだけです。以前と比べるとかなり簡単になり、ネットバンキングを始めるのはそこまで難しくはないと言えるでしょう。

(参考:PayPay銀行│口座開設の流れ

 

この記事では、近年利用者が増えているネットバンキングについて、メリットとデメリットを中心に詳しく解説しました。特にネットバンキングに特化したネット銀行には、手数料や金利などを含む色々な利点があることがわかりましたが、その一方で、サイバー犯罪のリスクがあることなど、デメリットもきちんと認識しておく必要があります。

記事の最後では、店舗のある銀行のネットバンキングを始める場合と、ネット銀行の口座を新しく作る場合に分けて、ネットバンキングの利用方法も解説しました。ここでご紹介した情報を念頭に、便利なネットバンキングをぜひ活用してみてください。

藤川里絵 - 藤川里絵の楽しい投資生活 - DMM オンラインサロン
藤川里絵 - 藤川里絵の楽しい投資生活 - DMM オンラインサロン株、投資信託などの金融資産への投資はもちろん、美容や習い事など、毎日の生活を楽しくするための自分への投資でもオッケー!  とにかく投資に興味がある人集合! みんなで楽しく学びましょう!
lounge.dmm.com
  • CANARY オンラインサロンから、アイデアとヒントを。
  • DMMオンラインサロン

RANKINGランキングランキング一覧

  1. 1
    2022年8月の運勢は?あんずまろん先生に聞く!12星座占い
  2. 2
    平均BMI早見表【性別・年齢別】BMIで肥満度をチェックしよう!
  3. 3
    【男女別・身長別】ウエストの平均値と理想サイズってどのくらい?
  4. 4
    【年齢別・男女別】血圧の平均値と正常値ってどれくらい?
  5. 5
    【男女別】握力の平均値ってどのくらい?鍛え方も解説

KEYWORDキーワードキーワード一覧